事業内容

キャンパスマネジメント

「世界の課題解決に貢献する北海道大学」として教育・研究の基盤となるキャンパスを実現するため、キャンパス空間利用の大綱となる「キャンパスマスタープラン」を全国の国公立大学に先駆け 20 年にわたり推し進めてきました。

「北海道大学キャンパスマスタープラン2018」では、将来のキャンパス構想には、従来の“空間計画”だけではなく、大学のあるべき将来像を示し、それを教職員が協働して実現するための総合的な“マネジメント”が必要になることを踏まえ、「空間創造実現のためのフレームワークプラン」として、「キャンパスマネジメント」を推進していくこととしています。