国内外ネットワーク・社会連携

インターナショナル・グリーン・ガウン・アワード

International Green Gown Awards(インターナショナル・グリーン・ガウン・アワード)とは、2004 年に設立された世界的な表彰制度で、高等教育機関による優れたサステイナビリティの取り組みに賞が授与されています。

このアワードは、国連環境計画 (UN Environment Programme)より承認を受け、世界的なインパクトを持つサステイナビリティ・リーダーを発掘することを目的として実施されており、サステイナビリティの問題が大きくなるに従い、実践的で権威ある表彰制度として確立されました。
なお、この表彰制度の運営は,EAUC- The Alliance for Sustainability Leadership in Education が担っています。

部門

  1. 社会への寄与(Benefitting Society)
  2. 学生の関与(Student Engagement)
  3. サステイナビリティを推進する教育機関(Sustainability Institution of the Year)

北海道大学は「サステイナビリティを推進する教育機関」の部門に、「Co-creating Sustainability on Campus: Collaborative Scheme of Faculty, Staff and Students through Actions Triggered by Sustainable Campus Assessment System(キャンパスでのサステイナビリティの創造―サステイナブルキャンパス評価システムを通した教職協働のしくみ)」の内容で応募し、ファイナリストの1校に選出されました。

日本からは他に、千葉大学の学生員会が「学生活動」部門でファイナリストに選出されています。受賞大学の発表および授賞式は、7月10日にニューヨークで開かれる、国連の「持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム」において開催されます。