国内外ネットワーク・社会連携

国連大学SDG-UP

国連大学SDG-Universities Platform(UNU SDG-UP)は、UNU-IAS(国連大学サステイナビリティ高等研究所)が2020年に、日本の大学がSDGsを推進する機会と課題について協力し、対話するための新しい学術プラットフォームとして設立したものです。

SDG-UPは、国連大学と日本の大学との協力を通じて、日本の大学のSDGsイニシアチブと利害関係者とのパートナーシップを強化し、国際的な学術コミュニティでの存在感を高め、国内および国際的なSDGsの達成に貢献することを目的としています。

2021年には、全国から28の大学が会員選考を経て、このプラットフォームに参加しています。北海道大学もこの大学一つとして選出され、2021年度は、SDGsカリキュラム分科会、大学評価・アカウンタビリティ分科会、大学間等連携分科会、マネジメント層分科会の4つの分科会が組織され、本学の研究者やURAが活動を行っています。