新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 令和2年度第2回サステイナブルキャンパス推進員会議を開催いたしました

令和2年度第2回サステイナブルキャンパス推進員会議を開催いたしました

12月17日(木)、今年度第2回めとなるサステイナブルキャンパス推進員会議をオンラインで開催しました。

各部局のサステイナブルキャンパス推進員及び同補佐のほか、SCM本部に関わる教職員、施設部職員等を合わせて75名の出席がありました。SCM本部長の横田理事より開会の挨拶の後、下記の議題についてSCM本部より説明し、その後、質疑応答を行いました。

SCM本部からは、令和2年度冬季の新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮した省エネルギーの取組への協力、サステイナブルキャンパス評価システムASSC(アスク)による本学の令和2年度自己評価への協力、および今年度の本学保有施設の法令点検における指摘事項に対する対応への協力を要請しました。加えて、本学キャンパスマスタープラン並びにインフラ長寿命化計画に基づく本学の今後の施設整備に係る財源確保の方向性、および令和4年度施設整備概算要求の基本方針について周知しました。

質疑応答では、 令和2年度文部科学省補正予算による感染症予防を旨とした「国立大学法人等施設の衛生環境改善整備」事業に関して、本学の措置状況について質問がありました。

次回は来年度6月下旬に開催の予定です。SCM本部では、来年度以降も引続き、部局等と連携を図りながらサステイナブルキャンパス推進に関する活動を推進して参ります。

議題
1)令和2年度冬季の省エネルギーの取組について
2)サステイナブルキャンパス評価システムASSCによる令和2年度自己評価の実施について
3) 建築物の維持管理について
4) 施設整備に係る財源確保の方向性について

横田理事による開会挨拶
小澤総長補佐・工学研究院教授による閉会挨拶


オンライン会議の様子