ASSCの開発、本学の評価・活用

ASSCとは

サステイナブルキャンパス評価システムASSC(Assessment System for Sustainable Campus, アスク)は、大学の活動を一般的かつ総体的に捉え、キャンパスのサステイナビリティ実現に必要な素地を評価基準として洗い出したアンケート形式の評価システムです。
2013年に北海道大学サステイナブルキャンパスマネジメント本部が開発し、2014年からは、本学をはじめ国内外の大学でも活用されています。現在は、サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)により運営されています。

ASSCの評価は、運営、環境、教育・研究、地域社会の4部門からなり、各部門の下に合計170個の評価基準が配置されています。
それぞれの大学が持つ得意な点、不得意な点を明らかにし、その結果から、どのような分野に力点を置いて強みを伸ばすのか、また弱みを減らすのか、大学運営の方針が見えてくる仕組みになっています。

サステイナブルキャンパス評価システムASSCの概要図

また、回答した大学には、得点率に応じて、サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN)が、ゴールド、プラチナの認証を行います。これは、サステイナブルキャンパスの達成度の目安となるだけでなく、学内外への成果発信のツールにもなります。

利用方法

ASSCのオンラインシステム(下記)からアカウントを取得し、ログインしてください。回答の記入および提出は回答受付期間のみ可能です。詳細については、ログイン後、「マイページ」をご覧ください。

ASSCのオンラインシステム(ログイン画面)