新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • Hokkaido サマー・インスティテュート2019の開講科目が決定しました

Hokkaido サマー・インスティテュート2019の開講科目が決定しました

開講科目は139科目(学部生向け 23科目・大学院生向け 116科目)あり、当本部も開講いたします。

コース名
持続可能な社会実現のための大学の挑戦
-大学キャンパスの計画・運営・試行を通じてサステイナブルキャンパスの取り組みを学ぶ

Tackling 21st century challenges in universities toward sustainable society:
Combining campus sustainable development, learning and experimentation

持続可能性の問題は、SDGsに見られるように、問題の原因と結果がきわめて多様な社会的要素の深部に及びます。かつ、これらの要素は相互依存し、その依存性は社会的条件によって変化します。このような複雑性が強く認識され、近年では、現代文明のあり方自体を問うTransformationの概念、切り身社会(Sliced fish society)の概念、システム思考(Systems thinking)などが重要になってきています。本科目では、持続可能性の問題を理解することを目的として上記の概念やシステム思考に関する講義・演習を行います。さらに、大学が果たすべき役割を理解することを目的とし、サステイナブルキャンパスの概念と本学での実践例を学びます。

新しい教育・研究領域であるサステイナブルキャンパスの第一人者である、ルクセンブルク大学サステイナブル・デヴェロップメント教育・研究センター長ケニッグ博士を、2016年、2017年に引き続いてお迎えいたします。

担当教員
池上 真紀 准教授(北海道大学サステイナブルキャンパスマネジメント本部)
Ariane KÖNIG サステイナブル・デヴェロップメント教育・研究センター長(ルクセンブルク大学)
小篠 隆生 准教授(北海道大学工学研究院)
三谷 朋弘 助教(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター)

スーツを着た男性

中程度の精度で自動的に生成された説明
キッチンに立つ女性

中程度の精度で自動的に生成された説明
メガネを掛けた男性

自動的に生成された説明
携帯電話を持っている男性

中程度の精度で自動的に生成された説明

昨年の様子はこちらから   初日 2日目以降

北大生の履修方法等、詳細については
https://hokkaidosummerinstitute.oia.hokudai.ac.jp/hu_students/
をご覧ください。