新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 「北海道大学×STV SDGsデー」を開催しました

「北海道大学×STV SDGsデー」を開催しました

2022年7月29日に、STV(札幌テレビ放送(株))共催のもと、「北海道大学×STV SDGsデー」を開催しました。
イベントが開催されたクラーク会館には、のべ約600人の方々にご来場いただきました。

開会挨拶 横田篤 理事・副学長 (北海道大学)
北海道大学理事・副学長で、サステイナビリティ推進機構SDGs事業推進本部長の横田篤理事・副学長が開催挨拶を行いました。 7月1日にSTVとサステイナビリティ推進機構との間で締結された連携協定に触れながら、北海道の市民一人ひとりにタイムリーにわかりやすく情報を発信し、お互いの知見の利活用を促す場を提供することで、世界の課題解決につながるよう、そして、持続可能な北海道の未来をつくっていくことを目指していくことが述べられました。

開会挨拶 横田篤 理事・副学長 (北海道大学)

基調講演「海の豊かさを守る」 
向井徹 教授(北海道大学大学院水産科学研究院)
本学が保有する練習船「おしょろ丸・うしお丸」についての説明や、水産学部での教育・研究についての説明を交えながら、本学取り組みについて講演がありました。講演では、我が国の水産物の輸入先・品目についてや、近年の発生した赤潮の被害についてなど、市民にも身近な話題を織り交ぜながら話を進め、水産科学研究院が今後、「海の豊かさを守る」ために研究・教育活動を進めていくことが述べられました。

講演の様子
講演を行う向井教授


絵本朗読「なかよく使う たいせつに使う」 大家綾香 アナウンサー/藤井孝太郎 アナウンサー(札幌テレビ放送)
STVのアナウンサーによる絵本の朗読がありました。朗読した絵本は「てぶくろ(ウクライナ民謡)」「ひまなこなべ(アイヌ民謡)」「ルリユールおじさん(創作絵本)」です。これらの絵本を通して、共生していくことの大切さや、ものを大事にすることの大切さが養われるように、アナウンサーが読み聞かせを行いました。会場では、朗読を聴きに来た子どもとその保護者の皆さんが、静かに聞き入っていました。

朗読を行ったアナウンサー
絵本朗読「てぶくろ」
絵本朗読「ひまなこなべ」

SDGs発表「欲しい!共につくる未来」 
山中康裕 教授( 北海道大学大学院 地球環境科学研究院)、道内の高校生の皆さん
山中教授・Snug長谷川氏の進行のもと、北海道各地の高校生が集まって「欲しい未来」について発表を行いました。はじめに山中教授による本発表についての説明があったあと、高校・チーム別に「よりよい未来のために普段自分たちが考えていること」についての発表がありました。その後メンター別のチームに分かれ、事前に話合いを行った内容について発表を行いました。
発表の後はディスカッションを通して、みんなの意見をまとめあげていました。

*発表参加者「未来の共創チーム」
藻岩高校・旭川西高校・幌加内高校・札幌聖心女子・置戸・札幌北・当別・Whose×foods(静内)・friday For Future(帯広)からの皆さん

SDGs発表 「欲しい!共につくる未来」 
発表参加者「未来の共創チーム」集合写真

SDGs講演「北京冬季五輪とパートナーシップ」 松野史 コンテンツビジネス部部長(札幌テレビ放送)
2022年北京冬季オリンピックの時に、報道としてどのように関わってきたのかについて講演がありました。講演では、オリンピックの試合会場からをどのように報道するのか、スキージャンプを例に説明がありました。当時の生放送の映像と、生放送の裏でおこなっていたスタッフの編集業務の映像を、スクリーンに同時映しながら説明し、「公平に伝える」ことの大切さと難しさを伝えていました。また、オリンピック放送制作業務とSDGsの関係をSDGsのゴールごとに説明がありました。

SDGs講演の様子
SDGs講演の様子

閉会挨拶 坪内弘樹 常務取締役(SDGs担当) (STV)
最後にSTV常務取締役(SDGs担当)が閉会挨拶を行い、SDGsデーは終了しました。
閉会挨拶では、北海道大学がTHEインパクトランキングで高い評価を得ていることに触れつつ、今後STVと北海道大学が協力してSDGsの達成に貢献していくことが述べられました。

閉会挨拶 坪内弘樹 常務取締役(SDGs担当) (STV)

同時開催「わくわく恐竜研究室ツアー」 
小林快次 教授(北海道大学総合博物館)
北海道大学総合博物館では、小林快次教授による「わくわく恐竜研究室ツアー」が行われ、夏休み中の小学生とその家族のみなさんが参加しました。ツアーでは、小林教授が博物館で展示している恐竜の化石をもとに、恐竜が生きていた当時の様子をどのように推測するのかについて説明を行いました。説明では時々クイズも出題されたり、ツアーに参加した子どもたちから小林教授に質問が出されたり、楽しい時間となりました。

わくわく恐竜研究室ツアーの様子

このほかにも、クラーク会館では協賛企業による展示、水産科学研究院による展示、北海道による展示、北大生協によるイベント限定の「北大短角牛ステーキ定食」の提供などが行われました。

展示の様子(北海道庁)
展示の様子(北海道庁) :道産材利用した製品
企業展示の様子(花王)
企業展示の様子(エア・ウォーター北海道)
企業展示の様子(北陸銀行):
壁には北大が監修した
「SDGsをさがせ!」が掲示
企業展示の様子(北海道コカ・コーラ)

*北海道大学サステイナビリティ推進機構とSTV札幌テレビ放送は、SDGsの推進とその達成の加速に貢献するため、2022年7月1日付で連携協定を締結しました。「北海道大学×STV SDGsデー」はその一環のイベントになります。
連携協定について、詳しくはこちらをご覧ください。