新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 電力の使用量を調整して、その経済的価値を最大化する-大学院情報科学研究院准教授 小林准教授

電力の使用量を調整して、その経済的価値を最大化する-大学院情報科学研究院准教授 小林准教授

小林孝一准教授らの共同研究グループは、発電コストの1日の変動に着目したデマンドレスポンスの解析・制御技術の開発に成功しました。デマンドレスポンスとは、電気の需要(消費)と供給(発電)のバランスをとるため、需要家側の電力を制御すること。具体的には「時間帯別に電気料金の設定を行う」などの方法で、電力使用の抑制を促し、電力の安定供給を図ります。これまで、その経済的価値は注目されていませんでしたが、小林准教授らは「モデル予測制御」と呼ばれる手法を用いて、発電コストと調整コストの両方を考慮したデマンドレスポンスの制御技術を開発。今後は、電力小売事業者のさらなる高度化を目指し、デマンドレスポンスと電気自動車や蓄電池の活用の融合を考察しています。

大学院情報科学研究院 小林 孝一 准教授

次世代の電力システムにおける電力小売業者の位置づけ