新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 海水中でくり返し使用できる、強力な接着剤を開発 -大学院先端生命科学研究院龔剣萍教授

海水中でくり返し使用できる、強力な接着剤を開発 -大学院先端生命科学研究院龔剣萍教授

龔剣萍(グンチェンピン)教授らの研究グループは、海水中で素早く強力に接着し、くり返し使用可能な接着剤を開発しました。ほとんどの人工的な接着剤は水中では使用不能ですが、イガイやフジツボなどの生物は「接着タンパク質」と呼ばれる接着剤を分泌することによって、海水中で岩に強固に付着することができます。龔剣萍教授らは、この海洋付着生物であるイガイの接着タンパク質を参考に化学構造を設計し、世界で初めて海水中でくり返し使用可能な強力な接着剤を開発。将来的には、海中作業における接着剤やシーリング材、また海中でのコンクリート硬化剤としての使用が期待されています。

大学院先端生命科学研究院教授 龔 剣萍
本研究で得られた新規ゲル状接着剤。
高い強度・伸縮性を有している