新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 従来の10倍の効率を実現する30ナノの極薄光電極を開発 電子科学研究所 三澤 弘明先生

従来の10倍の効率を実現する30ナノの極薄光電極を開発 電子科学研究所 三澤 弘明先生

電子科学研究所 三澤 弘明教授
太陽光に含まれる可視光を効率よく利用する技術の開発が現在求められています。三澤弘明教授らの研究グループは「光子の有効利用」を提唱し、厚さ30ナノメーターの空間に可視光を効率的に閉じ込める光電極の開発に成功。酸化チタンの半導体を金ナノ微粒子と金フィルムでサンドすると、光閉じ込め機能により全可視光の85%以上を吸収できることを検証しました。
この極薄光電極は、従来の電極と比べ10倍以上の効率で光エネルギーを化学エネルギーに変換できます。極めて少ない物質量で再生可能エネルギーを有効に活用できる太陽光に含まれる可視光を効率よく利用する技術の開発が現在求められています。三澤弘明教授らの研究グループは「光子の有効利用」を提唱し、厚さ30ナノメーターの空間に可視光を効率的に閉じ込める光電極の開発に成功。酸化チタンの半導体を金ナノ微粒子と金フィルムでサンドすると、光閉じ込め機能により全可視光の85%以上を吸収できることを検証しました。この極薄光電極は、従来の電極と比べ10倍以上の効率で光エネルギーを化学エネルギーに変換できます。極めて少ない物質量で再生可能エネルギーを有効に活用できることから、サステイナブル社会の実現への大きな貢献が期待されます。ことから、サステイナブル社会の実現への大きな貢献が期待されます。