新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 電力供給なしにトランジスタの電流を増幅 大学院情報科学研究科 髙橋康夫先生

電力供給なしにトランジスタの電流を増幅 大学院情報科学研究科 髙橋康夫先生

大学院情報科学研究科
教授(当時) 高橋 庸夫
コンピュータの高性能化は、トランジスタの電流をいかに少ない電力で増大させるかに依っています。高橋庸夫教授らの研究グループは静岡大学の研究者らと共同で、ノズルから高圧で水や空気を噴出させるアスピレーター(T字管)の原理を応用して、電力供給なしに電流を増幅させることに成功。通常は熱として消費されるエネルギーから新たな電子の流れを作り出せること、また、電流増幅に伴う発熱の抑制が可能であることを示しました。今回は8K(-265.15°C)という低温下での実験でしたが、室温での実証実験を経て実用化が可能になれば、コンピュータの省電力化・高速化が期待されます。