新着情報

  • HOME
  • 新着情報
  • 北海道大学サステイナビリティ推進機構と住友商事株式会社は連携協定を締結しました

北海道大学サステイナビリティ推進機構と住友商事株式会社は連携協定を締結しました

北海道大学サステイナビリティ推進機構と住友商事株式会社(以下、住友商事)は、2022年7月28日に、北海道大学キャンパスにおける地中熱利用を核とする再生可能エネルギーの導入事業に関する連携協定を締結しました。本協定は、当機構と住友商事の連携のもと、キャンパスにおける地中熱を核とする再生可能エネルギーを導入することを将来的な目標とし、その実現のため熱供給事業の実証計画案を作成することを目的としています。今回の連携協定により、将来温室効果ガス削減に資する熱供給システムが実現できたならば、カーボンニュートラルの貢献に期待できます。

なお、協定の有効期間は令和6年3月31日までとしています。